海外の学校の種類

学校への復帰をサポート

学校の選択肢をつくること

フリースクールとは、何らかの理由で学校へ行けない子どもたちが通う学びの場です。民間団体の支援によって創設されているところが多く、子どもの居場所づくりに重要な役を担っています。日本では学校なら公立か、私立かという選択くらいしかできません。しかし、海外では学びの場にさまざまな選択肢が用意されているところもあります。例えば、アメリカではホームスクーリングと呼ばれる家庭での学びがあげられます。宗教的な理由や親の考えにより、保護者が教師となって家庭で教育することが認められている制度です。アメリカのように生徒一人ひとりの事情に合わせて柔軟に対処できるシステムは、今後日本にも必要になってくるのではないでしょうか。

多方面から子供たちを支援する

フリースクールは勉強についていけない、いじめ、知的や発達、身体などの障害が原因で不登や引きこもりになった子供たちのための学校です。主とする学習の形は通信教育で勉強だけでなく子供たちを生活面や精神面からも支援するいわば不登校児の居場所とも言える所です。またそれぞれ違ったタイプの特色があり、学校への復帰を目的としたものもあれば、社会とのつながりを保つのを目的としたものもあります。サポートの仕方もそれぞれの子供たちの症状や障害に合った専門家が支援するものや医療機関がバックアップしているものもあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の代わりに通える施設 All rights reserved