学校に復帰したい

学校に再び登校するために

学校へ通えなくなった子には

フリースクールの選び方のポイントはただ1つと言っても過言ではありません。それは、学校への復帰だけを明確な目的としていないことです。矯正施設でないということです。どんな手段を使ってでも強引に学校へ復帰させようという教育は逆効果を生んでしまう可能性が高いからです。それでは良いフリースクールとはどんな要素が必要なのでしょうか。それは、不登校の子でも学ぶことで成長するということを生き方として認めることです。通学している子と比べて劣っていると決めつけないことです。それができるところを選ぶことが適切な選び方なのです。

フリースクールの選び方

さまざまな理由で不登校になってしまった子どもに対して、以前は無理やりにでも学校へ復帰させようという風潮がありましたが、現在では子どもの主体性が尊重されるようになりました。この意識変化のきっかけとなったのが、学習支援機関であるフリースクールの広がりです。NPO団体やボランティアによる民間の教育機関であり、正規の学校の卒業資格は得られませんが、認定試験を受ければ進学や就職の出願資格を得ることができます。フリースクールの選び方で最も重要なポイントは、子どもの意見を尊重することです。子どもにとって心地よい環境は学習意欲をかきたて、友人もできやすくなります。親が1人で悩まないために、親同士の交流を多く持つスクールを選ぶことも重要です。また、職員が教員やカウンセラーの免許を持っていることが望ましいです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校の代わりに通える施設 All rights reserved